院長挨拶

久留米総合美容外科 院長 伊波勇人

久留米総合美容外科のホームページにアクセスいただき、ありがとうございます。院長の伊波勇人です。

私は大学の医学部を卒業後、10年間は一般外科で外科医をしていました。主に消化器の手術に携わっており、手術後に女性の患者さまたちからよく言われた言葉があります。「手術でできたお腹の傷は治らないですか?」医師の立場からすると、手術で命が助かっただけでもよかったと思うのですが、女性にとって傷が残ることは本当に悲しいことなのだと実感しました。こうした経験から、私は女性の美しさをサポートしたいと考えるようになり、2006年に久留米総合美容外科クリニックを開院いたしました。

医師である私にできることは、患者さまの「どのようになりたいのか」のご要望をカウンセリングでお話をじっくり伺いしっかり受け止めたうえで、最適な治療法を提案してできる限りご本人の理想に近づけてさしあげることです。そして、希望が叶ったとき患者さまのうれしそうな表情を見ると、この仕事をしてよかったなと心から感じます。 今後も患者さまに対する治療の有効性や安全性を第一に考え、世界中で認められた質の高い製品(特に厳しい審査で知られる米国FDAで認可を受けた医療材料)を積極的に取り入れながら、世界水準の美容医療を提供していきたいと考えております。

患者さまとのコミュニケーションを大切に、信頼される美容医療と皆様の美しさを引き出せるクリニックであり続けるよう、スタッフともども日々精進してまいります。

医療法人 美咲会
久留米総合美容外科 院長
伊波勇人

経歴

平成3年
久留米大学医学部卒業
平成7年
久留米大学医学部大学院修了
平成3〜9年
久留米大学第2外科入局後、
同大学病院外科、救命救急センター、第1病理学教室に勤務
平成9年
済生会二日市病院外科に勤務
平成13年
コムロ美容外科入職
東京本院、名古屋院、福岡院勤務
平成15年
同院 医長に就任
平成17年
天神コムロ美容外科 副院長に就任後、
同年に松林景一美容クリニック天神の副院長を務める
平成18年
久留米総合美容外科 開院
  • 医学博士
  • 日本美容外科学会(JSAS)正会員
  • 日本美容外科学会認定 美容外科専門医
  • 病理解剖認定医